スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載お願いします

キテイママさんから教えて頂きました。

 杉本彩さんのブログです。。。
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-10492136140.html
民主党・犬猫議連で以下の事をお話されたようです
素敵です!
正直、有名な芸能人が こういった活動をしてくださるのが
とても心強いです。。。

 もっともっと、全国の方に、老若男女に!
 彩さんのお言葉です
   ↓

私がお話させて頂いた内容は
以下の通りです。

ペット大国日本の
悲惨な現状は、
直視するには
耐え難いほどのものであること。

私の活動の中で、
保護した猫を
里親さんに差し上げる時、
もし、無責任にも
飼育放棄した場合、
犬猫が保健所や
動物管理センターでたどる運命が
どのように悲惨なものかを収めた
本を渡すのですが、
その理由は、
責任を持って
終生飼育して頂くためであること。

日本では
年間30万頭以上の犬猫が、
ガス室に送られ、
窒息死という惨いやり方で
殺されていること。

これから自分の身に
何が起こるかもわからず、
怯えながら体を寄せあって震え、
そして15分もの間、
酸素を求めてもがき苦しみ、
のた打ちまわり死んでいきます。

歩くのもおぼつかない老犬も、
否応なしにガス室に追いやられます。

犬猫は苦しさのあまり、
目を大きく見開いたまま、
口からは泡を吹き、
無惨な姿で息絶えます。

無酸素状態でもなかなか死なない
子猫や子犬などは、
生きたまま焼却炉で焼かれます。

保健所に持ち込まれた犬猫は、

病気をしたから、

歳を取ったから、

番犬のつもりで飼ったけど
吠えてうるさいから、

不妊去勢手術もせずに、
また子供を産んで増えたから、

違う種類を飼いたくなったから、

という耳を疑うような
身勝手な理由ばかりです。

このような、
いらなくなったからという理由で、
なんの罪もない
犬猫の命を殺すことに、
罪の意識さえ感じない人が
沢山いるのです。

この人たちは、
みな普通の人で、
特に世に目立つ悪人ではないのです。

保健所に持っていけば
行政が殺してくれるから、
行政がやっていることなので
罪の意識がないのです。

公然と引き取って、
ひっそりと殺してしまうものだから、
どんなふうに死んでいくかも
飼い主は知らず、
知ろうともせず、
自分が手を汚さないものだから、
余計に罪の意識が芽生えないのです。

しかし実際には、
30万頭というのは、
保健所や動物管理センターが
把握している数であって、
その生産過程や流通過程で、
殺されてしまった
犬猫の数は入っていません。

最近ではマスコミも
この現状を積極的に
取り上げてくれるようになり、
多くの国民が知ることとなりました。

皆心を痛めていますが、
なぜこういう犠牲が
生まれるかについては、
認識していない人が
まだまだ多いのが現状です。

ペットショップでの
生体展示販売は、
生後8週間にも満たない犬猫を、
小さくて可愛い間に、
売ってしまえ、
という衝動買いを
促すようなやり方です。

これが無責任な飼い主を
増やす要因であることは否めません。

生体展示販売が存在する以上、
劣悪な環境の中、
まともな食事も新鮮な水も与えられず、
ただ出産マシーンのように
何度も何度も子を産ませ、
使えなくなったら処分してしまう、
そんな悪質なブリーダーはなくならないのです。

経営悪化で
崩壊したブリーダーなどは、
何も与えず放置し、
病気と飢えで痩せ細り、
ボロボロの状態で死なせているのです。

東京の繁華街のど真ん中、
夜の街に、深夜営業の
ペットショップがありますが、
深夜の眠らなければいけない時間帯に、
明々と電気に照らされて、
小さなショーケースに閉じ込められた
犬猫を展示すること自体、
虐待です。

そんな環境で
幼い時期過ごすのは、
子犬子猫の心身にもリスキーなことです。

犬猫が問題行動を起こす場合、
そんな環境にいたことが
要因であることも否定できません。

さらに、
酔って判断力の低下した人間に
犬猫を売ることは許されないことです。

犬が噛んだからいらない、
なんて理由で捨てる人もいるわけですから、
生体展示販売は悪循環の一因です。

夜の繁華街で
公然と虐待が行われていることに、
私たち日本人は恥じなければいけません。

人間の利益のために作られた命は、
無駄な命という犠牲を生みます。

その犠牲は、
人間が救わなければいけません。

保健所や管理センターは、
殺処分所であってはいけないと思います。

犬猫を保護して、
里親を探す施設として
機能しなければならないこと。

虐待の定義を明確にし、
悪質なペットショップの生体展示販売や、
悪徳ブリーダーが淘汰されていくような、
法律やシステムを作って頂きたいと、
私たちが
心から願っていることを、
お伝え致しました。


杉本彩さん、ありがとうございました
本当に本当に嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ミミの耳保護犬情報
お問い合せはこちらから
ミミの耳ホームページ
プロフィール

ミミ

Author:ミミ
静岡県磐田市で、活動を始めました。
浜松市各保健所,静岡県内外の行政機関から保護した犬
飼育放棄や繁殖リタイヤ犬
の新しい家族探しをしています。

静岡BK見付支店普通預金
0566562
動物ボラミミの耳
代表水野 厚子

里親様に負担いただく1部負担金の中には
不妊、去勢手術、歯石除去、ワクチン接種、フィラリア検査
蚤ダニ、耳ダニ予防、フィラリア予防薬、健康診断等、
預かり中のフード代、他に
医療費分担支援金も含んでおります
保護犬のなかには高額な医療費がかかる子や長期預かりの子もいます。その費用の一部を、飼い主になっていただく全員の方々に広く薄く負担していただき、特定の飼い主への譲渡時の経費負担を抑えるのが目的です
○遠方の方に関しては保護犬の搬送に要した、高速道路料金を別途いただきます。

attuch2961@docomo.ne.jp
メールアドレスです
こちらにてご意見受け賜ります。
但しパソコンよりのメールは届きません
携帯より送信願います。

はいけい、にんげんの皆さま
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。