スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬コロ&4匹の猫たち 日々是好日より転載

Gumiさんのブログ
『犬と猫と考える』から転載させていただきます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~転載ココから

探偵ファイル日記というサイトをみつけました。
その中から、こういうタイトルが。。
”ペット残酷物語  ~保健所職員の真証言”
内容はコピペさせていただきました。(・・・・範囲内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は保健所に勤めています。
連れてくる人たちの無知や、無責任には呆れます。
本来は理由など聞かずに引き取りますが、私はそれとなく聞いてしまいます。

すると
「えー、だってえ、プードル飼いたいしいー」
「もう10年飼いましたからね、ここまで飼ってやったんですから」
「彼女があ、犬嫌いでさー」
「子どもが生まれるんですよー、猫どころじゃないんですう」
「なーんか、知らない間に妊娠しててさー、この子猫、よろしく」

この子たちはどうなるか知っていますか?と聞きましたが
「えー、誰か飼ってくれる人探してくれるんでしょ?」
「さあ?どうなるの?」

こんな回答がほとんどです。
一定期間、預かりますが、それ以降となれば殺すんです。
そう言っても、皆、じゃヨロシクと置いていきます。
ほんとに死ぬんですよ?と念を押しても「はあ・・・」それだけです。


好きで殺しているわけではないのです。
色々と私たちを非難する人が多いのも知っています。

じゃあ、あなた方が飼ってくれるんですか?
私たちと一緒に、期間以内に飼い主を探してくれますか?
この子たちは、無責任な人間によって連れてこられたのです。
こんな人たちさえいなければ、こんな忌々しい部署なんてないんですよ。

職員もできる限り飼い主を探したり、知り合いに掛け合ったり、
自ら引き取ったり、いろいろ努力していますが、限界があります。

せめて、それまでは・・・と、自費でおやつを用意したり
(規定違反ですのでバレたら大変です)

仕事がひと段落したら、獣舎に足を運んで、なでてやったり。
しかし、どの子も悲しい目をしています。
こみ上げて、泣いてしまうことも多くあります。
腹ただしい思いで、自分勝手で無責任な奴らのせいで・・・どれだけ涙したことか。

記事のトリマーさんの言う通り、犬の流行はここにも影響します。
レトリバーが流行っていた大型犬時代は、
ゴールデン、ラブ、ハスキーが多くいました。

今は、プードル、ダックス、チワワが多いです。
時代をそのまま反映しています。
中には、皮膚病におかされて毛が抜け落ちたチワワ、
子宮がんになって膿がドクドク出ているバーニーズマウンテンドッグ。
聞くと「収入が落ちたから病院に連れていけないし、鳴いてうるさいから」の理由。
痛いから鳴くんですよ。

自分がどんな状況になっても、絶対に最期まで面倒を見るという覚悟すらないのです。
自分の面倒を見る余裕があるときは、犬猫の面倒をみる。その程度です。

最後にもう一度言います。
私は好きで殺していません。
こんな人たちがいるから、こんな腐れ部署があるんです。
こんな人間がこの世の中に存在するなんて、私には考えられません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本はまだまだ、ガスで処分です。
そして、私もまた、今日も処分されるであろう動物がいる、シェルターへ。。。

動物を処分する側から言わせてください。。。
どこで、動物を買うとか、飼うとかいいんですよ。 
飼えば最後まで面倒をみる。 これ常識です。

10年も、飼ったからとか、引越しとか、大きくなったからとかいらないとかね。。

犬猫は、一度妊娠すると、最低5匹は産むんですよ。 
ちゃんと面倒みれないのであれば、かわいそうといわず、避妊手術、虚勢手術を行いましょうよ。

生まれてくる子どもに罪はない。
殺されるために生まれてくるのではないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 転載ココまで
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ミミの耳保護犬情報
お問い合せはこちらから
ミミの耳ホームページ
プロフィール

ミミ

Author:ミミ
静岡県磐田市で、活動を始めました。
浜松市各保健所,静岡県内外の行政機関から保護した犬
飼育放棄や繁殖リタイヤ犬
の新しい家族探しをしています。

静岡BK見付支店普通預金
0566562
動物ボラミミの耳
代表水野 厚子

里親様に負担いただく1部負担金の中には
不妊、去勢手術、歯石除去、ワクチン接種、フィラリア検査
蚤ダニ、耳ダニ予防、フィラリア予防薬、健康診断等、
預かり中のフード代、他に
医療費分担支援金も含んでおります
保護犬のなかには高額な医療費がかかる子や長期預かりの子もいます。その費用の一部を、飼い主になっていただく全員の方々に広く薄く負担していただき、特定の飼い主への譲渡時の経費負担を抑えるのが目的です
○遠方の方に関しては保護犬の搬送に要した、高速道路料金を別途いただきます。

attuch2961@docomo.ne.jp
メールアドレスです
こちらにてご意見受け賜ります。
但しパソコンよりのメールは届きません
携帯より送信願います。

はいけい、にんげんの皆さま
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。