スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護や啓発推進 国内初、拠点の概要判明 伊豆の国

殺処分ゼロを目指した国内でモデルとなるセンター動物愛護や啓発推進 国内初、拠点の概要判明 伊豆の国
2013-02-09(Sat)
動物愛護に関する研究や普及活動に力を注ぐ公益財団法人「動物臨床医学研究所」(理事長・山根義久日本獣医師会長)が伊豆の国市南江間のスポーツワールド跡地に計画している「人と動物の共生・未来センター」(仮称)の概要が6日までに、明らかになった。飼えなくなった犬や猫の保護や引き取り、診療、獣医師と動物看護師の教育、飼い主への啓発活動などの事業を総合的に展開する国内では初めての拠点施設で、2015年度中の運用開始を目指す。
 計画では跡地のうち約5ヘクタールを活用する。犬約300匹、猫約100匹を収容できる保護施設棟、手術などを行う診療施設棟、国内外の学会や会議向けの研修室、多目的ホールなどを備えた平屋建て施設(建築部の床面積約4700平方メートル)を建設する。ドッグランやキャットラン、継続診療のための個室制ドッグホテルも設ける予定。
 同センターは、人間の飼育放棄などで保護、処分されるペットが全国で20数万匹以上に上る中、「殺処分ゼロ」の社会の推進を目指す。東日本大震災で飼い主を失ったペットの保護や受け入れも見据える。
 同センターの設立は、県東部の活性化を官民一体で考える静岡新聞社・静岡放送のサンフロント21懇話会(代表幹事・岡野光喜スルガ銀行社長)が11年6月に川勝平太知事に提言していた。学会、啓蒙イベントの開催などで地元への誘客効果も期待されている。
 山根理事長は「国内でモデルとなる人と動物のふれあいセンターを目指す。獣医師と看護師の卒後教育の充実や子供の情操教育にも取り組み、地域に密着した施設づくりを進めたい」と話す。

静岡新聞社

Yahooニュースより


国内でモデルとなるセンター「人と動物の共生・未来センター」ができれば、各地で広がって行って
日本もドイツの様に
犬、猫に優しい国に~待ちに待った 
第一歩、、、うれし~い
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ミミの耳保護犬情報
お問い合せはこちらから
ミミの耳ホームページ
プロフィール

ミミ

Author:ミミ
静岡県磐田市で、活動を始めました。
浜松市各保健所,静岡県内外の行政機関から保護した犬
飼育放棄や繁殖リタイヤ犬
の新しい家族探しをしています。

静岡BK見付支店普通預金
0566562
動物ボラミミの耳
代表水野 厚子

里親様に負担いただく1部負担金の中には
不妊、去勢手術、歯石除去、ワクチン接種、フィラリア検査
蚤ダニ、耳ダニ予防、フィラリア予防薬、健康診断等、
預かり中のフード代、他に
医療費分担支援金も含んでおります
保護犬のなかには高額な医療費がかかる子や長期預かりの子もいます。その費用の一部を、飼い主になっていただく全員の方々に広く薄く負担していただき、特定の飼い主への譲渡時の経費負担を抑えるのが目的です
○遠方の方に関しては保護犬の搬送に要した、高速道路料金を別途いただきます。

attuch2961@docomo.ne.jp
メールアドレスです
こちらにてご意見受け賜ります。
但しパソコンよりのメールは届きません
携帯より送信願います。

はいけい、にんげんの皆さま
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。